アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは

一般的に、保湿やステロイド軟膏により症状の改善を目指しますが、みうらクリニックでは、オゾン療法の他に、レーザー治療食事療法ホルミシス療法プラセンタ療法などをご用意し、治りにくいアトピー性皮膚炎に対して、ステロイド薬などを最小限にするか、可能なら使わない多角的なアプローチが可能です。

オゾン療法で取り組むアトピー性皮膚炎改善

オゾン発生器オゾン療法で得られる効果に、抗炎症作用、血行改善作用が挙げられます。
抗炎症作用に加え、血行改善作用、またそのことによる酸素濃度の上昇により、アトピー性皮膚炎の方のお肌の炎症・酸欠・栄養不良に非常に有効な働きかけをします。
また、オゾン療法も持つ抗アレルギー作用も同様に、アトピー性皮膚炎の改善に有効です。

アトピー性皮膚炎の見分け方

首、肘の内側、膝裏の3か所に「赤み」「痒み」がある場合は、アトピー性皮膚炎の可能性が高いと言えます。反対に、この3か所に症状が現れていない場合は、アトピー性皮膚炎の可能性は低く、あせもや小児湿疹と診断されることが多くなります。
また、アトピー性皮膚炎は時期や体調によって症状の現れ方が異なりますので、上記の見分け方はご参考程度に留め、必ず医師にご相談ください。あせもや小児湿疹と診断されたからといって、治療が必要ない・簡単に治る、というわけでもありません。
みうらクリニックでは、オゾン療法を始め、レーザー治療ツボ療法食事療法ホルミシス療法プラセンタ療法ステロイドを使用しないアトピー性皮膚炎の治療を行っております。