食物アレルギー

食物アレルギーとは

アレルギー食品を口から摂取した際に、その食品へのアレルギー反応により、蕁麻疹や腹痛などの症状が現れます。
食後数分から1時間以内に起こる「即時型」と、数時間以上経過してから起こる「遅延型」があります。
年齢を問わず起こり得ますが、消化管の粘膜が未発達なお子様に多く見られます。

原因となる主な食品

  • 鶏卵
  • 牛乳
  • 小麦
  • ピーナッツ
  • 果物類
  • 魚卵
  • 甲殻類
  • ナッツ類
  • ソバ
  • 魚類など

症状について

食後数分から1時間以内に症状が現れる「即時型」の場合、蕁麻疹、腹痛、下痢、鼻炎、結膜炎、気管支喘息の症状、喉の詰まりなどが見られます。重症化すると、血圧低下が起こり、アナフィラキシーショックに至ることもあります。
食後数時間以上経過してから症状が現れる「遅延型」の場合、腹痛、下痢、アトピー性皮膚炎の湿疹の悪化などが見られます。

みうらクリニックのアレルギー治療

アレルギー反応を起こす食品を口にしないことが重要ですが、みうらクリニックでは、それと同時に体質改善を行っていきます。
漢方食事療法ホルミシス療法などを組み合わせ、アレルギーの起こりにくい体質への改善を促します。